www.greenromance.com

 私の誕生日を祝ってくれる人は、友達の中で1人だけです。それは、私の小学生時代からの親友なのですが、この親友だけはお互いの誕生日に「お誕生日おめでとう」というメールのやり取りをします。  私は30代の男性ですので、恋人がいないときは誕生日の扱いはこんなものかなと思っています。それでも、たった1人でも祝ってくれる人がいるというのは、とても幸せなことだと思います。  そして、10代20代のころは、誕生日を迎えるごとに「18歳になったか」とか「25歳になったか」など、かなり感慨深いものがあったのですが、30代になってからは特に何も思わなくなってしまいました。ですが、それが別にさびしいという感じではなく、淡々と歳を重ねていくというイメージに変わったのだと思います。  ただ、あまりにも味気ないなあとは感じますので、これからもう少し誕生日を華やかにできたら良いなと思っています。そのためには、他人の誕生日を祝うことからだと考えていますので、これからはそれを意識して生きていきたいと思います。
Copyright © 1999 www.greenromance.com All Rights Reserved.